就活で部活の事で嘘をつくと内定取り消し?途中で辞めたり退部した事はバレる?

就活で部活の事で嘘をつくと内定取り消し?途中で辞めたり退部した事はバレる?

就活中に部活を辞めたいと思った、面接で嘘をついたら内定取り消しになるの?実際に辞めた経験がある人は、実は多いかもしれません。今まさに就活中の人は、部活を辞めたことを面接で言うべきなのか、言わないでいてもバレてしまうものなのかどうか…不安に思ったことはありませんか?

そこでこの記事では、

  • 就活で部活を辞めたことがバレるかどうか、
  • ついた嘘が調べられるかどうか
  • もしバレた場合の内定取り消しの可能性

以上について取り上げます。

面接官は、候補者の性格や行動パターンを見抜くため、様々な質問をしています。

そして部活を辞めた理由を聞かれてあなたがはっきりしない理由を答えた場合、面接官に不信感を抱かれる可能性があるんです。

ではどのように答えたらいいのでしょうか?その答えを、この記事でお伝えしていきます。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

就活で部活を途中で辞めたことはバレる?

就活で部活を途中で辞めたことはバレる

部活を途中で辞めた場合、そのことは面接でバレてしまうものなのでしょうか?

結論としては、面接でその事実を言わなかったとしても、バレてしまう可能性があります。

面接官は、候補者の性格や行動パターンを把握するために、様々な角度から質問をしています。

これについては、候補者の全てを知るためにというよりは、質問に対してどのような返答をするか、その態度を見ているからです。

答えにくい質問をぶつけられることが多いのはそのため。

そのため、明らかに嘘をついていると思われるような答え方をしたり、あいまいな言葉で濁したりすると、「何かやましいことを隠しているのかな?」と思われてしまい、減点されてしまうのです。

加えて、企業側は候補者の経歴を調べることもあるので、嘘をついた場合、それがバレてしまうこともあります。

また、面接官に嘘をついたことが後に明るみに出た場合、信用を失ったり、就活においてさらに不利になることもあります。

部活を辞めたことそのものは、決して不利になることではありません。

部活を辞めた場合も、辞めた理由や辞めたことによって成長した点などをしっかり伝えることで、面接官からの信頼は充分得られます。

就活面接の際は、嘘をつかず、自分自身と向き合って改善点を見つけておくことで、就活を成功させることができるでしょう。

就活でついた嘘は調べられる?

嘘は調べられる

就活中に部活を辞めた理由などで嘘をついたとして、その嘘は調べられたりするのでしょうか?

先程も少し触れましたが、就活中についた嘘は企業側によって調べられ、結果的に真実が伝わってしまう可能性があります。

主にどこから伝わってしまうかというと、具体的には提出した履歴書や学歴証明書の内容、面接での受け答えなどがあります。

面接で受け答えした内容が履歴書と異なっていれば、調査が入ってしまうことは当然あるでしょう。

また、どんな企業であっても面接時に候補者の経歴に関する質問は行いますし、一部大手企業では、内定後に厳しい背景調査を行う場合もあります。

経歴に嘘がある場合、内定取り消しや退職勧告、損害賠償などの厳しい処分が下されることがあります。

嘘をつくことで一時的なメリットがあるかもしれませんが、結局信用を失ってしまっては長期的なデメリットとなってしまいます。

就活では、事実を素直に伝えることが、一番の成功への近道です。

もしバレたら内定取り消し?

バレたら内定取り消し

もし面接時に嘘をついた場合、内定取り消しなどの処分が下されたりするのでしょうか?

私の記憶の中の話になりますが、過去にTVなどのニュースで、経歴に虚偽の記載があったため内定取り消しの処分を受けた事例について報じられていました。

(情報源を探したんですが見当たらなかったので、話半分で聞いてください)

例えば、内定者が提出した医学部の成績証明書に虚偽があることが発覚、ある大手企業が内定を取り消したケースが過去にありました。

その後、この内定を取り消された人がどうなったのかまで報じられてなかったので、どんな処分があったのかなどは分かりません。

ただ言えるのは、就活の面接で嘘をつくのはデメリットしかないということです。

自分をよく見せようと思っても、面接官は面接のプロ。

会社側も、面接での受け答え内容だけを鵜呑みにして採用の合否を決定したりはしない、ということです。

また、例えそのまま就職できたとしても、あなたはその嘘を一生貫き通さなければいけないプレッシャーとも戦うことになります。

なので就職活動中は自分自身を正直にアピールすることが大切であり、虚偽の記載を避けて真実だけを伝えることが、企業側と信頼を築くなによりの近道となるでしょう。

まとめ:嘘はバレる可能性が高い

嘘はバレる

どんな内容であれ、就活中に嘘をつくことは、あなたにとって大きなリスクが伴います。

企業側からの経歴の確認や面接での質問、入社前の背景調査など、嘘が明るみに出てしまう「かもしれない」機会は数多いのです。

そのため、就活中は自分自身の経歴やウィークポイントを理解した上で、それを素直に伝えることが大切です。

弱みは強みになります。

もしあなたが部活を辞めた経験があったとしても、その理由や辞めたことによって成長した点などを伝えることで、企業側の信頼はちゃんと得ることができます。

嘘をつかず、自分自身と向き合うことで、あなたは内定を獲得することができるでしょう。

ぜひ誘惑に負けず、採用を勝ち取ってくださいね。