卓球部を辞めたい時の理由や気持ちの伝え方と例文!辞める前に一度考えるべきこと

卓球部を辞めたい時の理由や気持ちの伝え方と例文!辞める前に一度考えるべきこと

卓球部を辞めたい…と思っているあなたにとって、どうやって自分の気持ちを伝えるか、ということは非常に悩むことですよね。

また、このまま本当に辞めてしまっていいのか、と迷っている部分があるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • 卓球部を辞めたいときの理由はどんなものがある?
  • 卓球部を辞める前に考えるべきこと

など、卓球部を辞めたい時の理由やその伝え方について、詳しく解説していきます!

この記事を読むことで、あなたが卓球部を辞めたいと思っている理由について明確になるとともに、なんと伝えればいいかについても理解できます。

さらに、卓球部を辞める前に考えるべきことについてもまとめましたので、自分に照らし合わせて考えることもできますよ。

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

卓球部を辞めたい時の理由は何て言えばいい?

卓球部を辞めたい時の理由

卓球部を辞めたい、と思った時、その理由にはどんなものがあるでしょう?

また、それを伝えるには何と言えばいいでしょうか。具体的にまとめてみました。

練習や試合が辛いと感じる

卓球は激しい運動量が必要であり、練習や試合に参加することがきついと感じる方もいるでしょう。

その場合、まずは顧問や信頼できる先輩に1度練習や試合が辛いと相談してみることをおすすめします。

もし、それでも練習や試合が辛くて続けられない場合は、率直にその理由を伝えることが大切です。

【例文】

●練習時のプレッシャーが強すぎて、毎日部活に来るのが辛いです。卓球部を辞めさせてもらいたいです。

●体力的に、練習や試合に参加するのがしんどく感じるようになりました。このままだと他のメンバーに迷惑をかけてしまうので、退部を考えています。

というように、理由を明確に説明することで相手に受け入れてもらいやすいでしょう。

また申し出たことで、練習量を減らしてもらえたり、試合の出場数を考慮してもらえたりするかもしれません。

卓球部自体にはまだまだ参加していたい、というのであれば、まずは周囲の信頼できる人に相談し、事態が良い方向に変えられないか、動いてみてもいいのではないでしょうか。

人間関係がうまくいかない

卓球部の人間関係にうまくなじめないことが、辞める理由になることもあります。

このような場合にも、まず誰かに相談してみることで事態が良くなることがあります。

その上で、どうしてもうまく行かない場合は以下のように言ってみてはいかがでしょうか。

人間関係がうまくいかない

【例文】

●努力はしてきましたが、どうしても私が部活内の雰囲気になじむことが出来ませんでした。このままでは私がチームワークを乱してしまうと思うので、退部させてほしいです。

●先輩の指導には感謝していますが、どうしてもうまくできなくて先輩をいら立たせてしまっています。これ以上はお互いにとっても良くないと思うので、私が部活を辞めようと思います。

人間関係がうまく行かない、と感じている時、部員同士のコミュニケーションがうまくいっていなかったり、上下関係が厳しすぎたりすることが、原因になっていることが多いです。

ただし、人間関係が辛いと感じている場合、相手が悪いと決めつけず、自分にも改善すべき点があるかどうかを考えること自体も大切です。

誰かに相談したり、問題点を改善するために努力することで、第三者目線での意見も聞けますし、あなた自身が後悔のない選択をすることができます。

その上でやっぱり退部したい、という場合は、自分の中で問題点や改善策などをしっかりまとめておくことで、相手に冷静に受け入れてもらいやすくなります。

顧問がいやだ・・・

卓球部を辞める理由として、顧問との相性が合わない、または顧問自身に問題がある場合があります。

顧問に問題を感じている場合には、まずは先輩や監督、または学校の他の教師などに相談してみましょう。

その上でやっぱり退部の意志が変わらない場合、以下のように申し出てみてはいかがでしょうか。

顧問に問題を感じている

【例文】

●これまでの指導には感謝しています。しかし顧問の先生の指導に最近ついていくのが難しくなりました。卓球部を辞めさせてもらえないでしょうか。

●これ以上顧問の指導通りにやっていても上手くなれる気がしなくて辛いです。卓球部にやりがいを感じないので、他の部活に移ろうと思います。

もし、自分が本気で卓球に打ち込みたいと思っているのに、顧問がそれに応えてくれない場合、卓球部を辞める理由に十分なり得ます。

例として、試合に出場する機会が減らされたことで成長や技術の向上が見込めないと感じたり、大会や遠征に連れて行ってもらえない場合です。

また、顧問自身が問題の場合には、その問題を適切に解決する必要があります。

自分に対してだけ当たりが強いと感じたり、逆に自分にだけ指導をしてもらえないということはないでしょうか。

顧問に問題がある場合には、まずは先輩や監督、または学校の他の教師などに相談してみましょう。

こうすることによって、顧問の指導が改善され、あなたは卓球部活動を続けることができる場合もあります。

モチベーションの違い

モチベーションの違いも、卓球部を辞める理由として考えられます。

卓球部には、試合で勝つことや技術向上など、チームメイト共通の目標があるはず。

それが果たせないことで疎外感を感じたり、モチベーションが低下することがあります。

その場合、このように伝えてみてはいかがでしょうか。

【例文】

●私は卓球を楽しむことが目的で入部しましたが、他の部員は全国大会出場を目指していてやりがいよりもしんどさを感じるので、部活を辞めさせてほしいです。

●厳しい練習や特訓が続いていて、ついていくことに辛さを感じています。もう続けられないと感じているので、卓球部の退部を考えています。

モチベーションが他の部員と異なると、疲れを感じたり、練習や試合に対するモチベーションが低下することが考えられます。

自分のやる気が周囲と比べて高すぎても、また低すぎても、活動を続けていくことに違和感があるはずです。

これらの場合、卓球部で楽しく活動していくのはなかなか難しいでしょう。

またこのような場合、素直に「卓球部を続けていくモチベーションがなくなってしまったので辞めたい」と伝えることをお勧めします。

もしかしたら、あなたの悩みに寄り添い、改善に動いてくれるかもしれません。

卓球部を辞める前に一度考えてみるべきこと

卓球部を辞める前に

卓球部を辞める前に、まず自分自身の気持ちや考えを整理してみましょう。

そうすることで冷静な判断ができるようになり、のちのちの後悔を減らせるはずです。

そしてその際、以下のポイントを押さえて考えてみましょう。

辞めたい理由を明確にする

まず、自分の中での辞めたい理由を明確にすることです。

自分がなぜ辞めたいと思っているのか、その理由を紙に書いてみたりなどして、客観的に考えてみましょう。

我慢すれば乗り越えられるのか否か、一度整理することで冷静な判断ができるようになります。

練習が辛いから辞めたいのでしょうか?

それとも、人間関係が辛くて辞めたいのでしょうか?

原因が自分にあるなら改善することができますし、相手に問題がある場合は先生や先輩などに相談し、改善を図ってみる手もあります。

また、上手くならなくてつまらなく感じていたり、試合への出場機会が少なくて楽しくない、というのが辞めたい理由であれば、先生やチームメイトと話し合って改善策を試してみることもできるはずです。

チームメイトに相談する

卓球部を辞めたいと思う理由には、上記のように顧問との関係やモチベーションの違いなど、様々な場合があります。

それらの問題を解決するために、チームメイトとのコミュニケーションはなにより重要になってきます。

特に、あなたにダブルスの相方がいる場合、コミュニケーションが取れていないことが原因でトラブルが生じていることもあるでしょう。

自分の不満や問題を話し合うことで、相手が自分の気持ちを理解してくれたり、改善策を一緒に考えてくれることもあります。

また、自分だけが悩んでいる問題ではないかもしれません。

他のチームメイトと協力して全員で問題に取り組むことで、部内の雰囲気が良くなり、あなたが卓球部を辞めなくても良くなる可能性があります。

そして相談をする際には、相手に対して攻撃的な物言いをしないよう注意しましょう。

また、相手が理解してくれない場合や、あなたの提案に同意が得られない場合は、別の方法を考えてみる冷静さも必要です。

相手ばかりが悪いわけではなく、自分にも悪かった部分があるかもしれない、という可能性を忘れないようにしましょう。

進路や将来の夢を考える

自分の進路や将来の夢が卓球部と関連がないか、そして卓球部を辞めることで影響が出ないか、辞める前にしっかり考えてみましょう。

卓球が好きでプロ選手を目指していたり、将来教師やコーチなどの指導者を目指している場合、卓球部の活動を通じて技術や経験を積むことができるため、継続を考えた方がいいでしょう。

逆に、進路や将来の夢に関係がないと言い切れる場合や、もっと時間を使いたい他のことがある場合、卓球部を辞めた方がメリットが大きいかもしれません。

そして卓球部の活動が直接関係がなくても、これまでの部活動で構築した人間関係は無駄にはなることはありません。

例えば、卓球部の活動で得た人脈や友人関係は、今後もあなたにとって大事なものであり続けるでしょう。

それらが、卓球部を辞めることになって希薄になる可能性はないでしょうか?

あなたの進路や将来の夢に卓球が関係があるかどうかをよく考え、少しでも後悔が減らせる選択をすることが重要です。

まとめ:卓球部を辞めたいと感じているなら

卓球部を辞めたいと感じているあなたへ、何と伝えるべきかや悔いのない選択をするためのアドバイスをご紹介してきました。

また、自分の悩みや周囲の問題が解決できるかもしれないため、卓球部を辞める前に1度先生やチームメイトに相談してみることは非常に重要です。

お互いの意見を共有することで、気持ち新たに卓球部での活動を継続できるかもしれません。

そして最終的にあなたが部活を辞めることになったとしても、出来ることをやったということはあなたにとっていい経験になるはずです。

卓球部を辞めることは決して悪いことではありません。

しかし、後々それを後悔しないためにも、自分自身の気持ちや理由をよく考え、最良の選択をする必要があります。

あなたが少しでもよい未来を選択できるよう、応援しています!